スマートフォンを持っている事が多い最近の車買取業者の査定士

最近の車の買取専門店は、査定士の方々の持ち物に変化が表れているようです。

スマートフォンです。スマートフォンは、ご存知の通り非常に便利な媒体ですね。インターネットがつながる場所でしたら、どこでも情報のやり取りができるのがメリットだと思います。思えば電車で移動をしていますと、車内にてその便利なツールの操作をしている方々をよく見かけます。最近の車買取業者の査定士は、そのスマートフォンを持っているケースが非常に多いそうです。

ではなぜ査定士の方々がスマートフォンを持ってくるのかというと、本部とのやり取りがあるからです。査定士の方々がどのように値段を決めているかというと、本部が関係しているケースが非常に多いのです。

現場で見た車の状況を本部に伝えて、しばらく待ちます。すると本部からデータが戻ってきて、その金額を顧客に提示するケースが非常に多いのだそうです。そのやり取りの際にも、電話ではなく最近ではネット媒体でデータが本部に伝えられているケースが多いと言われています。恐らくグループウェアというツールを用いているのではないかと思うのですが。

しかし数年前までの査定士の方々は、そのようなケースは少なかったと思います。そもそも数年前には、スマートフォンが無いからです。技術の変化に伴って、査定士の方々が保有しているツールも変化している訳ですね。
ヴェルファイア 買取

ただ数年前でも、本部とやり取りをしているケースはあったようです。電話でのやり取りが多かったそうなのですが。しかし音声通話ですと、ちょっと手間がかかりますね。ですので最近の査定士の方々は音声ではなく、むしろ電子媒体で本部とやり取りをしているケースが多いのかなと思います。