カーラインの手数料と車買取の業者との比較

個人間取引で車の売却ができるカーラインには、デメリットはあります。費用です。 このサイトはオークションのように出品をして落札を待つというスタイルになるのですが、無料ではありません。その落札が発生した時には、手数料が発生する事になります。

手数料は、落札金額に応じて増えていきます。落札金額が25万円ぐらいであれば手数料は3万円前後ですが、40万円台の場合には手数料は4万円台などの具合です。また名義変更をカーラインにお任せする場合にも、手数料が発生します。ちなみにどの程度までカーラインにお任せするかによって、手数料も異なってくるのですが。また車検や洗車などに関する手数料もあります。

このように手数料が発生するのは、カーラインのデメリットではあります。そのため車を売る方々としては、やはり車の買取業者と比較をしてみたいのではないでしょうか。果たしてカーラインと車買取の業者のどちらの方がお得なのか、比べてみたい方々も案外多いと思います。

そのような場合、カーラインで落札金額を調べてみると良いと思います。このサイトの場合、落札金額の目安を調べる事ができるようになっているのです。しかも無料で調べる事ができるのですが。
モビリオ 買取

例えば落札金額の目安が、50万円と算出されたとしましょう。そして上記の手数料を差し引くと、最終的には車売却者は40万円を入手できるとします。ところが車買取の業者の場合は20万円だとすると、カーラインの方がお得になるでしょう。逆に買取業者が40万円を超えるようでしたら、業者の方がメリットが大きいと言えます。

このように先ずはカーラインで落札目安の金額を調べてみて、カーラインと車買取の業者の査定金額を比較してみると良いのではないでしょうか。