車買取で車体番号が大事な2つの理由

車には、車体番号と呼ばれるものがあります。どこにその番号が書かれているかというと、エンジンルームです。実はその番号は、車買取では非常に重要な意味合いがあるのです。その理由は2つあります。

車査定では、査定士の方は必ずと言って良いほどエンジンルームを見ます。なぜそのルームを見るかというと、番号を見たいからです。その番号は車査定の核心とも言える部分で、様々な情報を読み取る事ができるそうなのです。 例えば番号の書き換えです。もしも番号が書き換えられていると大変です。業者によっては、車買取をお断りするほど大事な意味合いを持っているそうなのです。

現に過去にある査定士がある車を見てみたところ、書き換えが認められたそうです。溶接がされている跡があったのでよく見てみたところ、車体番号の書き換えが発覚したそうです。書き換えがあるとなると、何か隠していると疑われてしまう訳ですね。もちろん書き換えをしていなければ、何も問題は無いのですが。

それともう1つの理由ですが、修理の履歴です。実は車のディーラーというのは、修理の情報を記録しています。車を修理したという事実は、履歴として残っているのです。

ではディーラーは何によって修理情報を管理しているかというと、車体番号なのです。つまり車体番号を元に、修理の情報などは調べる事はできる筈なのです。このため車買取の業者に対しては、修理歴を偽るのは困難になるでしょう。調べようと思えば、番号を元に調べる事はできると思うのです。

よくネットで修理の事実は正直に自己申告しましょうとの話を見かける事がありますが、実はそれは番号によって分かるものなのですね。 このような2つの理由で、車査定では車体番号がとても重要な意味を持っている訳です。